そうだ、弦を替えよう

今日から7月。

だからというわけでもないのですが、弦を交換しました。

この1年くらいは、プロアルテの『ダイナコア』を愛用しています。

以前はサバレスの『アリアンス』を使っていたのですが、フロロカーボンの音質が耳につくときがあり、そこからいくつかの弦を試してみました。

当初はプロアルテの『カーボン』も使ってみたのですが、サイモン・マーティに張ると①弦が切れることが数回。

ステージで切れたことはありませんが、練習中に切れたことも2回ほどありました。

まぁ、切れた弦が指に当たっても痛いだけでケガをすることはありませんが、「もしステージで切れたら…」と考えると、怖くて使えません。

そこで、チタニウム弦を使っている『ダイナコア』を使うことになり、今のところはこれで落ち着いています。

まぁチタニウムと言っても、実際にチタンが使われているわけではないようですけどね。

ギターだけでなく、弦によっても音は大きく変わってきますから、何を使うかはかなり重要です。

ただ、ギターとの相性、自分のタッチとの相性などは実際に張ってみないと分からないことも多いので、いろんなメーカーの様々な弦を試してみることも大切ですね。

そういえば、昔はプロアルテの弦に魅力を感じませんでした。

それが今では、かなり氣に入って使っています。

音の好みも変わることがありますから、その点でもあまり食わず嫌い(張らず嫌い?)にならず、いろんな弦を使ってみると良いでしょうね。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。