ブログ

ギタリストのための音楽理論

その他のコード~増三和音

今週は、ちょっとややこしいので後回しにしていた和音を順に取り上げていきます。 その1つ目が『増三和音』。 名前からして難しそうに見えますが、どのような和音なのか早速、調べていきましょう。 ◆増三和音とは 増三和音の実例を …

今週の【ギタリストのための音楽理論】

今週はカルリのエチュードの移調と、 アグアドのエチュードを2曲題材にして コードの分析を行ってみました。 慣れてくると曲の解釈や暗譜にも役立ちますので ぜひ、参考にしてみてくださいね。 ≫移調してみると ≫別の調にも移し …

もう1曲、分析してみましょう2

今日は、昨日出題した『アグアドのエチュード』のコード分析の答え合わせです。 では早速、見ていきましょう。 ◆解答編です まずは前半から見ていきますね。 この曲は「イ短調」ですが、最初はその主和音である「Am」が使われてい …

もう1曲、分析してみましょう

アルペジオの練習曲はコードの分析がしやすいのでアグアドのアルペジオを選びましたが、その流れでもう1つ、この曲も分析してみましょう。 ◆アグアドのエチュード これもアグアドのアルペジオの1つです。 技術的には、前回取り上げ …

この曲も分析してみましょう2

昨日は、アグアドのアルペジオのコード進行を分析するとどうなるかという問題を出しましたが、今日はその解答編です。 では早速、スタートしましょう。 ◆解答編 では、1段ずつ見ていきましょう。 最初は、昨日も説明したとおり、「 …

この曲も分析してみましょう

昨日の、カルリのエチュードに続いて、もう1曲、アルペジオの練習曲を分析してみましょう。 取り上げるのは、クラシックギターを弾く人なら知らない人はいない、この曲です。 ◆アグアドのアルペジオ クラシックギターを弾くなら、必 …

別の調にも移してみましょう

昨日はカルリのエチュードを、ハ長調からト長調に移調しましたね。 今日はさらに、他の調に移すとどうなるかを見ていきましょう。 ◆ホ長調にしてみると では、♯が4つ付く『ホ長調』にしてみましょう。 まず、単純に移調するとこう …

移調してみると

前回取り上げたカルリのエチュードは、ハ長調でしたね。 今日はこれを別の調にしたらどうなるのかを見ていきましょう。 まずは、♯が1つ付く『ト長調』にしてみます。 ◆ト長調に移すと 曲を元の調から別の調に移すことを『移調』と …

今週の【ギタリストのための音楽理論】

今週は、コードのつなげ方に フォーカスしていきました。 ぜひ、ギターで音を出しながら 確認してみてくださいね。 ≫主要三和音のつなげ方 ≫ギターで確認しておきましょう ≫CとG7を、よりスムーズにつなげる ≫副三和音 ≫ …

分析してみましょう

これまで、主要三和音と副三和音について学んできましたが今日は実際の曲を使って、コードがどのように繋がっているのかを分析していってみましょう。 これで、より理解が深まっていくはずですよ。 ◆カルリのエチュード 今日、題材と …

« 1 2 3 27 »
PAGETOP
Copyright © ギタリスト 浜野茂樹 All Rights Reserved.