同じ練習するのであれば、質が低いより高いほうが良いですよね。

そのために、こんなことを意識しましょう。