ステージに立つときにこれを知っておくと、伸び伸びと演奏できる助けになるかも知れませんよ。