技術練習をするときは、この落とし穴にはまらないよう、氣をつけておいてくださいね。