正確なテンポ感で練習をするために欠かせないのが、メトロノームですね。

特に、ゆっくり弾くときにはメトロノームを使いこなすことが重要なポイントとなります。