バランスよく上達するために、常に反対側を意識しておきましょう。