自分にあった奏法を見つけるためには、クセを考慮することも必要です。