練習するときには、もっと良い方法がないか
『試してみる』ということがとても大切です。

 

例えば、ちょっと運指を工夫するだけで
弾きやすくなることはよくありますよね。

 

まずは、楽譜に書いてある運指を
忠実に守ることも大切ですが
一通り理解できたら、
さらに合理的な方法がないかどうかを
吟味し、それを試してみましょう。

 

つまり、闇雲にただただ繰り返すのではなく
自分なりの創意工夫を凝らしていくことが大事なのです。

 

もっと微妙なところで、ちょっとした力の加減や
タッチの僅かな角度などを工夫することで
大きな飛躍を遂げることもあり得ます。

 

もちろん、試したものが全て当たるとは限りませんが
それも試してみないことには分かりません。

 

ひとまず試してみて、良いものは取り入れる、
効果がないものはすぐにやめてしまうという
取捨選択をしっかりしていきましょう。

 

創意工夫を凝らすことで練習がより能動的なものになります。

 

すると、面白みも増してきますし
多少の試行錯誤のため手間取ることがあったとしても
結果的には上達の近道になっていきます。

 

機械的な練習ではなく、創造的な練習をしていきましょう。