曲にはそれぞれ相応しいテンポがあります。

 

演奏者によって多少の差も出てきますが
そんなに極端に違うことは少ないでしょう。

 

で、曲の仕上がりの状態として、
聴き馴染みのあるテンポを目標にするのは
ひとまずOKなのですが、練習の過程では
様々に速さを変えることも意識しておきましょう。

 

そこで、今日のタイトルの

『速い曲はゆっくり、ゆっくりな曲は速く』

ということになるわけです。

 

速い曲をゆっくり弾くということは
技術を整えるという点でも大事ですね。

 

逆に、ゆっくりな曲を速く弾いていると
テンポを落としたときに余裕ができ
より丁寧な演奏ができるようになります。

 

また、テンポを変えることで
曲のイメージが固定化されず
柔軟性を付ける練習にもなります。

 

意外と、テンポを少し変えただけで
イメージが崩れて混乱する人も多いんですよ。

 

そうならないよう、普段から様々なテンポで練習し
柔軟に曲を捉えられるようにしておきましょう。

 

そうすることで、曲の理解も深まるはずです。