バランス良く練習することは大切なのですが
それは漫然と弾くこととは違います。

 

ポイントを絞るということも必要ですので
練習の状況や内容によっては
『一点集中』で取り組んでみましょう。

 

よく “取り出し練習” という呼び方もしますが
いわゆる難所は、そこだけに集中して
徹底するほうが効率的にマスターできますね。

 

練習の仕方が上手な人というのは
取り出し練習を適切に行なっているものです。

 

毎回、根を詰める必要はありませんが

「ここをマスターするまで徹底的にやる」

というくらいの意気込みで練習することも
ときにはあっても良いでしょう。

 

もちろん、曲を仕上げるためには
一つ出来たら次、それが出来たらまた次と
色んなところを練習していくわけですが
その都度は『一点集中』で取り組むことが大切です。

 

『一点集中』しながら色んな部分を練習するのと
最初から注意散漫になっているのとでは
言うまでもなく大きな開きが出てきます。

 

その都度、“今弾いている部分” に集中しながら
練習していくクセを付けるようにしていきましょう。