“丁寧な演奏” と “雑な演奏”
どちらが良いかは言うまでもないでしょう。

では、その “決め手” となるのは何でしょうか?

もちろん、曲や状況によっても違いは出てきますが
ひとまず多くの場合に共通する条件があります。

 

それが『的確な後処理』

 

「終わり良ければ全て良し」ということについては
これまでも何度かお話していますが
単に、“終わりを決める” ということだけでなく
さらにその後の処理を丁寧に行うことが大切です。

 

具体的には

  • フレーズの最後の音まで弾き切ること
  • 音の余韻を最後まで聴き届けること
  • 消音をキレイに行うこと

などが挙げられますね。

 

「弾いたら弾きっ放し」という感覚ではなく
音の行方をしっかり見届け、聴き届けることで
キメの細かい演奏ができるようになるわけです。

 

でも意外と、消音や余韻どころか
フレーズの最後の音を聴き届けることなく
粗い演奏になっているケースは多いものです。

 

「一生懸命弾いているけど、なんだか汚い」

という感じになっているようでしたら
ぜひ、後処理に意識を向けてください。

 

それだけで、かなり演奏が変わりますよ。