音楽をやる上で、楽譜を読むことは欠かせません。

 

「どうしても楽譜が苦手で・・・」

という方もいらっしゃいますが
一つずつ順を追って数えていけば
実際にはそんなに難しいものでもないんです。

 

基本的な読み方さえ知っておけば
後は慣れの問題なんですね。

 

最初のうちはタブ譜を使うというのも
悪くはないのですが、いつまでも
それに頼りっぱなしだと、かえって不便です。

 

以前にこんな記事も書いたので、参考にしてみてください。

≫タブ譜って、つまり

 

また、タブ譜以外にも、自分専用のメモや
カンニングペーパー的なものを作る人もいます。

 

工夫すること自体は良いのですが、
それも行き過ぎると、いつまで経っても
楽譜を見慣れることが出来ません。

 

つまり、楽譜を遠ざけるための工夫になってしまうんですね。

 

慣れないうちは、確かに楽譜はややこしいものですが
一度見慣れてしまえば、楽器を弾く上で
こんなに便利なものもありません。

 

タブ譜とかカンニングペーパーなどで迂回するより
直接楽譜を読む方が、結局は話が早いんですね。

 

ですから、苦手意識に負けず見慣れていきましょう。

 

当初は大変かもしれませんが、必ず

「読めるようになって良かった」

と、実感するときが来ますよ。