練習するとき、ただガムシャラに弾くのではなく
『吟味すること』がとても大切です。

 

  • 運指はこれで良いのか
  • 音量のバランスはこれで良いのか
  • 音質はキレイに整っているのか
  • リズムは正確に取れているのか

などなど、氣にすべきところは色々とあります。

 

これらを吟味しないまま弾き続けていると
練習の “質” が低くなってしまいますから
効率的とは言えません。

 

それどころが、ひどい場合には
かえって変な癖がついてしまうこともあるので
くれぐれも注意が必要ですね。

 

ですから楽譜をよく読み、音をよく聴き
指の動きを丁寧に観察する習慣を持ちましょう。

 

それだけで練習の質は大きく向上しますよ。

 

また、吟味するときには
『ゆっくり弾くこと』も大切です。

 

やっつけ仕事的な弾き方では
何一つ吟味できませんからね。

 

ゆっくり過ぎるくらいのテンポ設定で
丁寧に弾くところから始め、
イメージに沿った演奏になっているかどうかを
確実に見極めて練習していきましょう。