意図的に『ゆるめる』ということも大切です。

 

ただし、ここでポイントとなるのは
“意図的” であること。

 

“崩れている” のと “崩している” のが違うように
“ゆるんでいる” のと “ゆるめている” のにも
雲泥の差があります。

 

単に “ゆるんでいる” のであれば
それは、だらしないだけですね。

 

しかし、意図的に “ゆるめている” のであれば
かなり高度なコントロールをしていることになります。

 

例えば、左手でポジション移動するとき。

 

弦を押さえているときは緊張状態なわけですが
そのまま移動して次のポジションで押弦すると
力は入りっぱなしということになります。

 

しかし、移動している瞬間は押弦していませんよね。

 

そこですかさず『ゆるめる』ことが大切なのです。

 

そして、次のポジションに到着したら
改めて必要な力だけを入れて弦を押さえます。

 

移動する一瞬で『ゆるめる』ことができるかどうかで
指の疲労度と、ポジション移動そのものの成功率も
大きく変わってきます。

 

ですから、ぜひ『ゆるめる』ことを
意識的に行ってください。

 

すきあらば『ゆるめる』。

 

これで、ずいぶんギターを弾くことが
楽になるはずですよ。