練習というのは、ある程度ルーチンワーク、
つまり『決まり』きったことを繰り返す必要があります。

 

しかし、それだけでは飽き飽きしてしまいますよね。

 

そこで大切になってくるのが『変化』です。

 

でも、変化しすぎて基準が分からなくなると
混乱してしまいますから、やはり決まりも大切です。

 

つまり、決まりと変化はどちらも欠かせず
両方のバランスをとることが必要なんですね。

 

これを、もう少し具体的な練習内容に置き換えて

  • 決まり→基本練習
  • 変化→曲

とすると分かりやすいでしょうか。

 

基本練習は、一見退屈に感じてしまいますし
(よく研究すると、そうでもないのですが)
ついつい敬遠したくなる人も少なくないでしょう。

 

それに比べると、そのときどきで興味のある
曲を練習するほうが遥かに楽しいものです。

 

でも、曲をしっかり弾きこなすには
基本練習が欠かせません。

 

また、ずっと同じ練習をしているからこそ
上達の度合いを確認しやすいという側面もあり
これは曲を弾いているだけでは分かりにくいんですね。

 

決まりと変化はどちらも大切なものですから
上手にバランスを取り、どちらも楽しみながら
取り組んでいくようにしましょう。