ギターを弾くときに指先が大切なのは
言うまでもないことだと思います。

 

しかし、ここに十分な意識が向いているかというと
意外とアバウトになっている人もいるのではないでしょうか。

 

例えば、右手。

 

キレイな音を出すために
一生懸命、爪を磨いていたとしても
タッチのポイントがまずければ
音は汚くなってしまいます。

 

どの位置で、どんな角度で弦に当たれば良いのか
これを探ることが大切なのですが、そのためには
かなり繊細なコントロールが必要なんですね。

 

左手についても、一番無理なく力を集められる
ポイントで弦を押さえることが大切です。

 

指の腹では力が分散しますし、
爪側に寄りすぎたのでは不安定ですからね。

 

これも繊細なコントロールが必要なわけです。

 

ということで、左右ともに的確な位置で
弦を捉えられているかどうか、
これをしっかりと意識しておきましょう。

 

いわゆる “上手な人” ほど
その精度が高くなっています。

 

ちょっと細かい話ですけど、
ぜひ実践してみてくださいね。