一生懸命取り組むことは大切ですが
全てをしっかり弾き過ぎるのは禁物。

 

分かりやすいところで言うと
メロディも伴奏も関係なく一生懸命弾いてしまうと
けたたましい音楽になってしまいますよね。

 

これを絵に例えてみると
全部、極太のマジックで塗りつぶしたようなものになります。

 

まぁ、荒々しさは表現できるでしょうし
ときには、それが相応しい作品もあるかもしれませんが
どちらかといえば珍しいケースであることは確かです。

 

やはり、その役割に応じて太い線や細い線
濃い色や淡い色などを色々と組み合わせるからこそ
美しい絵が仕上がっていくわけですよね。

 

それは音楽も全く一緒です。

 

メロディをかき消すかのような伴奏は
邪魔になってしまいますし
メロディの中でも強調すべき音と
軽く弾くべき音があります。

 

それを、どんな風に配分していくかで
演奏に個性も表れてくるんですね。

 

また、力の配分が上手にできるようになると
それだけで弾きやすくなり技術も安定してきます。

 

できるだけ無理のない演奏をするためにも
力の入れどころと抜きどころを研究し、
しっかりと見極めていきましょう。