練習量は、どのくらいあれば良いのか?

 

これは、そもそも1日の中で
どのくらいの時間を取れるのか人によって違いますし、
そのときの練習テーマによっても変わってきますから
一概には言えないところです。

 

ただ、一つの目安にしてほしいのが

『楽しくなるところまでやる』

ということです。

 

何事も、ある程度の要領を掴むまでは
かなりのエネルギーが必要となるものです。

 

で、その期間が長くなればなるほど
消耗度も高くなってしまうんですね。

 

どんな曲でも、最初は難しい部分がありますし
そのため億劫に感じることもあるでしょうが
なるべくそこは一氣に乗り切っておきたいものです。

 

億劫だからといって練習をサボると
次にギターを持ったときには
忘れている部分も多くなります。

 

すると、さらに億劫になってしまいますよね。

 

それで、またサボりがちになり、
より億劫になり、という状態になると
一番大変な状態を何度も繰り返すことになります。

 

これは色んな意味でエネルギーの浪費ですから
できるだけ避けたいですよね。

 

逆に、ある程度の要領を掴んでしまえば
勢いも出てきますし、慣性で進めるようにもなります。

 

言ってみれば、より楽になっていくんですね。

 

特に、新しい曲に取り組むときなどは
そのことを意識して練習してみてください。