最近、改めて「大切だな」と感じるのが

『フィットするところを見つける』

ということです。

 

練習の目的のほとんどは
ここにあると言ってもいいくらい
重要なことだと思いますよ。

 

フォームにせよタッチにせよ、
あるいは楽器や弦にせよ、
自分にピタッと来るものを見つけられれば
弾くことが楽になり、また楽しくなるものです。

 

逆に言えば、フィットするところを見つけられないと
いつまでも弾くことに “大変さ” がつきまとい
なかなか楽しむことが出来ません。

 

もちろん、苦手なことや大変なことを
克服することも練習の目的の一つです。

 

でも、いつまでも苦手だとすれば
何かがズレているのかもしれません。

 

これは注意が必要なところですね。

 

中には極端に難しい曲もありますし
時間をかけても克服しづらい
歯ごたえのあるテーマもありますが、
もし、そういうものが多いとすれば
何か “無理” をしていないか、確認してみましょう。

 

これは感覚的なことなので、
自分で見つけるしかないところでもあります。

 

なので、端的なアドバイスはできないのですが
自分の身体の状態などを丁寧に観察し、
フィットするところを見つけてみてください。