今日は『フィガロ弦』についてのお話です。

 

「最近、名前を目にすることも多くて氣になっている」

「どんな弦なのか知りたいのでレビューしてほしい」

という声もありましたので
実際に使ってみた感想を詳しくお伝えしますね。

 

このフィガロには

  • ブルー(どんなギターにも合いそうな標準的な音質)
  • レッド(余韻が長く華やかな現代的な音質)
  • イエロー(落ち着きのある暖かな音質)

の3種類があり、それぞれに

  • ハイテンション
  • ミディアムテンション
  • ローテンション

と張力の違うものがあるのですが
ひとまずこれらの
“推奨セット” というものを試してみました。

 

ちなみに今のところ、
低音弦のみのセットです。

 

すでに、3種類とも張ってみたのですが

「非常に上質で丁寧に作っているな」

というのが率直な感想です。

 

そして、良い音の状態が長く続く、
つまり、寿命が長いというのも
大きな特徴と言えそうですね。

 

ただし、

「練習後には1~2音ほど
弦を緩めておくほうが寿命が伸びますよ」

と、フィガロ社長の薮さんが推奨されていたので
それは励行しています。

 

具体的にどのくらい使えるかは
練習量などによっても変わるので一概には言えませんが、
“他の弦よりは長い” ということは確かだと思います。

 

ただ、一つ難点があるとすれば
それは『価格』。

 

1本1,000円、つまり低音弦だけで3,000円ですから
他の弦に比べると、かなり高いのは事実です。

 

でもこの弦、実は手作りなんだそうです。

 

つまり、“弦の手工品” なんですね。

 

それなら高いのもうなずけますし
音質が良く、寿命が長いことを考えると
決してコストパフォーマンスが悪いわけでもありません。

 

ということで、個人的にはかなり氣に入りましたし
今後も使っていこうと思っています。

 

ただ、音質には好みがありますし
楽器やタッチとの相性も関係しますから
その点では評価が分かれるかも知れませんね。

 

でも、一度試してみる価値はあると思いますよ。

 

氣になっている方は、下記のサイトも
ぜひ、のぞいてみてください。

 

≫フィガロ弦