様々な表現の中でも、
ギターならではと言えるのが

『音色変化』

でしょう。

 

右手の弾弦位置をブリッジ側に持っていくと
“固い音” が出せますし、
逆に、指板側に持っていくと
“柔らかい音” が出せます。

 

大雑把に “固い音” “柔らかい音” と言っていますが
実際には、固さの度合いも柔らかさの度合いも
弾く位置によって微調整が可能ですね。

 

さらに爪の当て方や力加減によって
音のニュアンスを変えられますから
実際には『無限』と言って良いほど
様々な色合いを作ることができるわけです。

 

このような音の色彩を変えることができるのも
ギターが “小さなオーケストラ” と呼ばれる所以の一つですね。

 

対比させるために急激に音色を変えたり
クレッシェンドやデクレシェンドに合わせて
徐々に変化させていったりなどの工夫をすると
1台のギターでも驚くほどの表現が可能です。

 

この音色変化は、ギター最大の武器ですから
ぜひ研究して、上手に使いこなせるようになりましょう。