音量を出そうとして力任せに弾くと
音が潰れてしまいます。

 

いわゆる “汚い音” になりやすいですね。

 

それでは音楽表現には使えませんから

『丁寧に音量を出す』

ということが必要になってきます。

 

そのために何が重要かと言うと

『音をよく聴き届けること』

これが欠かせません。

 

音を出したら出しっぱなしというのではなく
どんな音が出ているのかをよく聴き、
それを吟味してコントロールすることが大切なんですね。

 

また、音を聴くということの中には

『響きを聴く』

ということも含まれます。

 

よく聴くと、響きを引き出すことができるので
がなり立てたような音ではなく
魅力のある音を奏でやすくなってくるのです。

 

“弾くこと” と “聴くこと” は車の両輪のようなもので
どちらが賭けてもバランスが崩れてしまいます。

 

力強い音を出そうとするときにも
弾くことだけに偏るのではなく
丁寧に聴くことを心がけておきましょう。