音量を出しながらも、力まないようにするポイント。

 

それは

『ゆっくり練習する』

ということに尽きます。

 

これを少し言い換えると

『確実にコントロールできる速さで練習する』

ということにもなります。

 

コントロールが利かない速さだと
それだけでも力む原因になりますね。

 

ですから、テンポを落として弾き、
自分の身体の状態も丁寧に観察しながら
音量を出して無駄な力を抜くコツを探しましょう。

 

ここで少しでも “やっつけ仕事” 的な
感覚が入ってくるといけません。

 

できるだけ氣を長くして
地に足の着いた練習をしてください。

 

そして、徐々にテンポを上げていくのです。

 

すると、無駄な力を入れることなく
豊かな音量で弾く感覚が身についてきますよ。