「音量を出そうとすると力んでしまう」

 

こんな経験は多くの人が持っていると思います。

 

しかし、それは力のコントロールが
まだ上手くできていないことが原因なんですね。

 

以前にも、“似て非なるもの” というテーマで

≫“力強さ”と“力み”

という記事を書きましたが、
必要な力を使いながらも
無駄な力を抜くことは可能です。

 

むしろ、無駄な力が抜けているからこそ
必要な力を十分に発揮できるようになると言って良いでしょう。

 

だから、力まずに音量を出すことは可能なんですね。

 

では、その感覚を掴むにはどうすれば良いのか?

 

まずは、多少力みがあったとしても
『音量を出すことを優先』しましょう。

 

そして、その音量を維持したままで
無駄な力を抜くことを意識していきます。

 

大事なのは『音量を出すことを優先』すること。

 

力を抜くことを優先してしまうと
ついつい弱々しい弾き方になってしまうものです。

 

つまり、

『まずは思い切りやっておいて後から加減を覚える』

というのが基本的な順序となるわけです。

 

先に加減してしまうと、中途半端な弾き方になりやすいので
十分、氣をつけておいてください。