演奏するときに『拍子』を意識している人は
意外と少ないかもしれません。

 

その曲が4拍子でも3拍子でも、あまり関係なく
ただただ音を追いかけて鳴らしているだけだと
実質的には “1拍子” 弾いているようなものです。

 

もちろん、拍子だけが全てではないのですが
4拍子には4拍子の大きなリズムの流れがあり
3拍子には3拍子の大きなリズムの流れがあります。

 

これを意識することが、更に細かいリズムを感じるための
『基準』となるわけなのです。

 

リズムを取るのが苦手という人は、
拍子という基準が曖昧なことが
影響しているかもしれませんよ。

 

特に『1拍目』はしっかりと意識しておきましょう。

 

何拍子であっても、この『1拍目』は重要です。

 

ここにリズムの “重心” を感じることで
技術的にも音楽的も安定感が出てきます。

 

逆に、『1拍目』を意識していないと
ふわふわと浮ついた演奏になりやすいものです。

 

もちろん、リズムの “重心” が
1拍目以外に来ることもあるのですが、
そのような変化を敏感に感じられるのも
基準がハッキリしているからなんですね。

 

基準が曖昧では変化も見逃してしまいます。

 

ですから、『拍子』と特に『1拍目』は
意識的に感じるようにしてみてください。