ギターに限らず、物事に飽きるというのは
“変化がない” ということが大きく関係しているでしょう。

 

つまり、

『新しいことにチャレンジしていない』

ということができそうです。

 

もちろん、“安定すること” 自体は必要ですし
とても大切なことでもあるのですが、
行き過ぎると退屈になってしまいます。

 

かと言って、チャレンジばかりでも
疲れてしまいますから、最終的には
両方のバランスが重要ということになるでしょう。

 

それにしても、チャレンジは大切です。

 

チャレンジするから上達や進歩もあり
新しい面白さを発見できますからね。

 

“新しい曲” や “新しい技術” にチャレンジするのは
どんなにキャリアを積んでもワクワクするはずです。

 

また、曲や技術はよく知っているものであっても
スピードの限界や、新しい表現にチャレンジすると
それまで見えていなかった世界観を知ることもできます。

 

チャレンジがなくなると停滞するのは
言わば理の当然ですから、
常に今までとは違うものを目指す感受性を
持ち続けていたいものですね。