『弦を交換する』ことも
リフレッシュには効果的です。

 

このブログをご覧になっている方なら
寿命が尽きた弦を使っているということは
ないと思いますが、音質に魅力がなくなったら
出来るだけ早く交換するクセをつけましょう。

 

まぁ、音質の好みもありますから
必ずしも新しい弦だけが良いとは言い切れませんが、
古すぎる弦がダメなのは言うまでもないですね。

 

魅力を感じられる状態を維持することは
練習を楽しむためにとても大切ですから
定期的に交換するようにしてください。

 

また、単に交換するというだけでなく
これまで使ったことのないメーカーのものや
同じメーカーでも違うタイプのものなど
弦の種類を変えてみることもオススメです。

 

同じギターでも弦が違うと
音質や鳴り方などが変わってきます。

 

違う種類の弦を張ってみたら
それまでのものよりも
自分のタッチに合っていたと
いうこともあるかもしれません。

 

ですから、色々と試してみると良いでしょう。

 

それから、弦を交換するときには
ギターの手入れも丁寧に行なっておきましょう。

 

楽器をキレイにしておくと
氣持ち良く練習できますから
妙な疲れ方もしなくなります。

 

使い込んでいく中で自然にできる傷などは
風格にもなりますが、単にルーズな汚れは
何の魅力もありませんからね。

 

「キレイな音楽はキレイな楽器から」

というつもりで、心を込めて手入れをしてあげてください。