同じ練習するのであれば
計画を立て、それに沿って行うほうが
スムーズな上達につながりやすくなります。

 

計画がないというのは、
行き先が分からないというのと似ていますから、
途中で迷ってしまう可能性も出てくるんですね。

 

そうならないように、大まかで構いませんから
練習計画を立てる習慣をつけると良いでしょう。

 

そのためには、目標を決める必要がありますね。

 

例えば、

  • どのくらいで仕上げたいのか?
  • どんなことを身につけたいのか?

などを決めておき、
“どんなことを身につけたいのか?” については

  • どのくらいの速さで弾きたいのか?
  • どんな音質を出したいのか?
  • どんな表現をしたいのか?

など、さらに細分化していくと良いでしょう。

 

最初から細かな目標を決められなくても
練習しているうちに見えてくるものもありますから
その都度、追加していっても構いません。

 

計画に縛られてしまうと窮屈になりますが
決めておけば道標になる部分も少なからずあります。

 

練習しやすくなるように、計画も活用してみましょう。