難しい部分に差し掛かると
急に目をつぶる人がいます。

 

もし、目をつぶるのが
集中するためなのであれば良いのですが
嫌なものを避けたいという意味なら
これは避けるべきですね。

 

というのも、嫌なものを避けようとすればするほど
いつまでもそれが居座る可能性が高いからです。

 

難しいのであれば、避けるのではなく
解明してしまいましょう。

 

そのほうが、早く決着がつきます。

 

要は

『全ての音を把握する』

ということですね。

 

目をつぶると言うのはごまかすことなのので
いつまでも把握することができず
結果として、ずっと難しいままになります。

 

これでは問題を先延ばしにているだけですね。

 

そうしないためには、全ての音を把握すること
つまり、

  • 歌うこと
  • ゆっくり正確に弾くこと

などが大切です。

 

目をつぶりたくなる氣持ちは分かりますが
できれば目をつぶらなくて済むように
感覚を総動員して練習しましょう。