難所を克服するためには
『運指を工夫すること』
も大きなポイントとなります。

 

例えば、音階を弾くときの右手の運指でも
音形によってはimだけでなく
a指を使うほうが弾きやすくなるケースもあります。

 

あるいは逆に、無理にaを使うより
imだけにしたほうが良い場合もありますね。

 

左手の場合なら、どんな運指にするかで
余分なポジション移動をなくすことができます。

 

すると、ミスの確率も減りますよね。

 

あるいは、あえてポジション移動をすることで
複雑な押さえ方を回避できるという場合もあります。

 

これらはケースバイケースですし、
どんな運指が弾きやすいかは個人差もあります。

 

また、表現のために敢えて難しい運指を
採用する必要がある場合もありますから
なんでも安直に変えれば良いというわけではありません。

 

ですが、運指のために埒が明かないような
状況が続いてしまうのであれば、
それに固執するのも考えものです。

 

少なくとも工夫する価値は
十分にあるといえるでしょう。

 

楽譜に運指の指定があれば、
まずはそれに従ってみることも大切ですが
より弾きやすく、効果的な運指がないかどうかを
探そうとする習慣も、ぜひ持ってみてください。