爪の形や指の長さなどの体格的な特徴と
重心のかかり方によって、
理想的なタッチの角度は何種類か考えられます。

 

しかし、どんなタッチであっても
最初に弦に当たるのが

『爪の裏側』

であることは共通していますね。

 

ですから、爪の裏側をよく磨き
弦が通り抜けやすくしておくことは
弾きやすさの点でも、
美しい音を出すという点でも
重要なポイントとなります。

 

しかし、意外とこの裏側を意識せずに
正面から見た形だけを整えている人も
少なくないようですから
くれぐれも氣をつけておいてください。

 

また、最初に弦に当たるのは裏側ですが
最後に通り抜けるのは、

『爪の表側の角』

ですので、ここを丸くしておくことも大切です。

 

つまり、以前にも示したとおりですが
爪の断面図が下記のように
全体的に丸くなっていることが必要なんですね。

 

 

角張ったり、ガタガタになったりした部分が
残っていないよう、全体をよく磨くようにしましょう。