ジュリアーニの教則本の中から抜粋たエチュードで
これは、連続する装飾音符と重音の練習です。

 

 

装飾音符も重音も、どちらも左指の柔軟性が要求されますので
これをしっかりと練習しておくことは大切です。

 

もちろん、装飾音符はできるだけ明確に鳴らしましょう。

 

やはり、メトロノームを使って正確に練習し、
音がハッキリと鳴っていることを確認しながら
徐々にテンポアップしていってください。

 

全曲の楽譜は、下記のフォームからダウンロードできます。

【ジュリアーニのエチュードNo.7・ダウンロード希望フォーム】

お名前
メールアドレス

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ