【頂点を知る】

 

どんな曲にも、“一番伝えたい部分”、
つまり『クライマックス』があります。

 

これを知ることは表現力を高める上で欠かせません。

 

クライマックスが弱々しいようでは
決してドラマチックな演奏になりませんね。

 

また、逆にクライマックス以外のところが
騒々しくなってしまうと、バランスが悪くなり
やはり伝わる演奏にはなりません。

 

ですから、どこが頂点なのかを知り、
そこが目立つような演奏を目指しましょう。

 

そのためには曲をよく聴き、よく歌い、
構成や流れをしっかりと追いかけることが必要です。

 

要は、曲をよく味わうということですね。

 

すると、

「どこが最も感動的な部分なのか?」

これがよく分かってくるはずです。

 

そして、それが分かると自然に

「ここを最も強く伝えたい」

という思いが出てくるでしょう。

 

「伝えたい」という思いがあるからこそ
「表に現したい」という要求も高まります。

 

それで表現力も磨かれていくわけです。

 

そのために、頂点を知ることはとても大切ですから
常に意識しておきましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ