【効率よく練習するために】

 

漠然と弾いているだけでは
あまり効果的な練習はできません。

 

もちろん、しないよりはマシなのですが、
それではロスも多く、手応えも感じられないので
なかなか納得の行く練習にはなりにくいでしょう。

 

そこでオススメしたいのが

『短く区切って練習する』

ということです。

 

いきなり、曲の最初から最後までを
つなげて弾こうとしても難しいですから、
短く区切って、そのブロック毎に
確実に弾けるよう練習していくわけです。

 

特に、技術的に難しい部分は
“取り出し練習”として、繰り返し行うと良いですね。

 

どのくらいに区切れば良いのかはケースバイケースですが
最初は思い切り短い単位で練習しても構いません。

 

極端なことを言うと、“音一個”から始めても良いでしょう。

 

どんな難曲であっても、音一個だけなら弾けるはずです。

 

そして、それを音二個にし、
次は一小節、二小節と順に増やしていき
徐々に曲全体へと広げていきましょう。

 

また、短く区切って練習することで
音がどんな風につながっていくのか、
指をどう動かせば良いのかということも
よりイメージしやすくなります。

 

つまり、曲の理解も深まりやすいんですね。

 

理解が深まれば、自然と練習の効率も上がります。

 

そのための最大のポイントが

『短く区切って練習する』

ということですから、ぜひこれを意識しておいてください。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ