昔から、『学ぶ』というのは『真似ぶ』、
つまり『真似る』ことが語源だと言われています。

ですから、何かを身につけたければ
上手な人の真似をすればいいとも
言われてきました。

 

これは、確かに一面では正しいと思うのですが
ギターの奏法に関しては、氣をつけないといけません。

不用意に誰かの弾き方の真似をしてしまうと
とんでもないトラブルを引き起こすことも
考えられるのです。

 

簡単に言うと、人にはそれぞれ
【自然にエネルギーをかけやすい角度や方向】
というものがあります。

つまり、タイプがあるわけですね。

 

もしも、真似をするモデルとなる人が
自分と同じタイプであれば問題ないのですが、
違うタイプの人だった場合は大変です。

どうしても上手くいきませんから
真似しようとして練習すればするほど
どんどん弾きにくくなっていきます。

そして、自分に合わない弾き方をしているので
余分に力み、不必要な負担がかかってしまいます。

 

これが積み重なっていくと、
腱鞘炎ジストニアなどを起こす
原因になるかも知れません。

 

もちろん、真似をするモデルの人が
自分と同じタイプであれば
大変参考になることでしょう。

 

ですから、大切なのは自分のタイプを知ること。

 

そして、真似をするなら
自分と同じタイプの人をモデルにすることです。

 

ここでいうタイプとは、どのようなものなのか、
そして、どうやって自分のタイプを確認すればいいのかは
このブログで順にお話していく予定です。

ぜひ、楽しみにしていてください。

 

 

≫スポーツ理論を参考にすると・・・