【♯を見慣れる】

 

楽譜を読むのが苦手だという人は
♯や♭が出てくると混乱することが多いようです。

 

確かに、見慣れないと難しく感じますが、
♯は半音上げるという意味ですから
ギターの場合は1フレット高い音を
押さえれば良いだけです。

 

逆にフラットは半音下げるという意味ですから
1フレット低い音を押さえれば良いんですね。

 

慣れてしまえば、そんなに難しいものではありません。

 

今日は、まず♯系の調を紹介しておきますから
一通り音を出すなどして見慣れておいてください。

 

まず、♯が1つつくと、ト長調とホ短調になります。

 

 

 

♯が2つなら、ニ長調とロ短調ですね。

 

 

 

♯が3つになると、イ長調と嬰ヘ短調です。

 

 

 

そして、♯が4つだと、ホ長調と嬰ハ短調です。

 

 

 

ギターの場合、♯が4つまでは
割とよく出てきますが、
それ以上のものは少ないので
まず、ここまでを見慣れておきましょう。

 

これで、かなり対応できるようになりますよ。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ