【ギターと呼吸】

 

音楽的な演奏をするためにも
また、安定した技術を身につけるためにも
呼吸を意識することは大切です。

 

これは、今までもお話してきましたね。

 

さらに、呼吸を意識することで
健康面でも良い影響が期待できるでしょう。

 

現代人の場合、特に運動などをしていないと
呼吸はどんどん浅くなる傾向にあります。

 

ひどい場合には、
“睡眠時無呼吸症候群”のような
症状が現れることもありますよね。

 

特に意識したほうが良いのは
『息を吐く』ことです。

 

吐く息が弱くなると、ため息に近くなり
やる氣までなくなってしまいやすいものです。

 

逆に、吐く息が強いと力もみなぎり
氣力も充実してくるばかりか、
血行などにも好影響が出やすいでしょう。

 

音楽的な呼吸とは、歌うときの呼吸です。

 

つまり、息を吐くことが中心なんですね。

 

息をしっかりと吐いていれば
自然に必要な空氣を吸い込むことになります。

 

ギターを弾くときにも、フレーズの間
息を吐き続けるように意識してみましょう。

 

これが習慣になると、頭の中もスッキリしてきます。

 

嘘だと思ったら、ぜひ試してみてください(笑)

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ