【ギターと肩こり】

 

「ギターを弾くと肩がこる」

と感じている人は多いと思いますが
実はこれ、間違いかもしれませんよ。

 

正確に言うと、

「ギターを弾くから肩がこる」

のではなく

「肩がこるような弾き方をしている」

だけなのではないでしょうか?

 

実は私自身も、昔はよく肩がこっていました。

 

でも、今は全くと言ってよいほど
肩がこることはありません。

 

それは、力を抜くことを徹底しているからなんですね。

 

と言っても、必要な力は十分に使っていますよ。

 

要は、無駄な力を抜くということを
徹底した成果として肩こりがなくなったわけです。

 

そのポイントは、いつもお話している通り

『肩を下げる』

ということ。

 

肩が上がると、ほぼ間違いなく凝りますし
指のコントロールも利きにくくなります。

 

でも、肩を下げるように意識すると
必要な力を十分に出しながらも
変な負担がかからないので
結果として肩こりも起こらなくなります。

 

多少、個人差はあるかもしれませんが
肩への負担が軽減されることは
間違いないと思いますので、
ぜひ、試してみてください。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ