【数えたら、その次は】

 

リズムを正確に取るための基本は
数えることなのですが、
これが出来るようになったら
次のステップに進んでいきましょう。

 

それは『歌う』ということです。

 

リズムを正確に歌うことが出来なければ
正確に弾くことは絶対に出来ません。

 

何となく“出来たつもり”にはなるかもしれませんが
それは、あくまでも“つもり”ですから
曖昧で不正確な状態なんですね。

 

そのため、発表会などで人前に立って
少しでも緊張すると混乱してしまい
リズムが取れなくなることもあるでしょう。

 

『歌える』ということは
『完全に咀嚼している』ということです。

 

だから、ギターでも正確にリズムを取れるんですね。

 

また、リズムを正確に歌うということの中には
数えるということも含まれているものです。

 

その意味では、歌うということは

『音楽的に数えること』

と言いかえることも出来るかもしれません。

 

いずれにしても、歌うことは全ての基本です。

 

リズムで迷ったときにも、
まず歌うことを実践していきましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ