【左手でリズムを感じる】

 

音楽的な演奏をするためには
リズム感を磨くことが大切ですね。

 

しかし、左手に関しては
意外とリズムを意識していない人が
少なくないようです。

 

ギターの場合、直接音を出すのは右手です。

 

そのため、リズミカルな曲を弾いていれば
自然と右手のリズム感は鍛えられていきます。

 

ところが左手は、意外とアバウトというか
ヌルい感覚で弾いてしまいがちなんですね。

 

実際、左手がリズミカルでなくても
右手がちゃんと反応していれば
それなりの形にはなりますから。

 

でも、アップテンポの曲や、
左手の動きが激しい曲などになると
左右のタイミングが合いませんから
どうしてもスッキリした演奏にはなりません。

 

右手が先走って、左手が後からついていくような
状態になりやすいわけです。

 

このタイミングをキチンと合わせるには
左手のリズム感を磨くことが必要です。

 

そのためにはスラーの練習が効果的ですよ。

 

できれば符点をつけるなどして
様々なリズムの練習をしてくおくと効果的です。

 

ぜひ、毎日の基本練習に取り入れてみてください。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ