【爪の長さはどのくらい?】

 

「右手の爪は、どのくらい伸ばせば良いんですか?」

という質問を受けることがあります。

 

確かに、氣になるところですよね。

 

ただ、これにも個人差があり
短めのほうが良い場合もあれば
長めのほうが良い場合もあります。

 

ですから、最終的には

『自分にとってベストな長さを見つける』

ということが大切なんですね。

 

しかし、そんなことを言っていたのでは
参考にならないでしょうから(笑)
一つの目安をお話しておきましょう。

 

原則的には、

『なるべく短めにしたほうが良い』

と考えておいてください。

 

というのも、爪が長いと
どうしても引っかかりやすくなります。

 

また、雑音の原因にもなりやすいんですね。

 

さらに、日常生活でも邪魔になり
爪が折れるなどのアクシデントも
起こりやすくなってしまいます。

 

それらを総合的に考えると、
短めが良いということになるわけです。

 

もう少し具体的に言うと、
指紋の側から見て、
爪が1mm程度出ているくらいを
目安にしておくと良いでしょう。

 

概ね、1mm前後にしている人が
もっとも多いと言われていますから
これを一つの基準にしてみてください。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ