【力を抜くためのヒント】

 

これまでも何度かお話してきていますが、
先日のコンサート後にも質問を受けたので
改めて力を抜くためのヒントをまとめていきますね。

 

まず、重要なポイントとなるのは
繰り返しお伝えしてきたとおり、
『肩を下げる』ということです。

 

力んでいるときというのは
ほぼ間違いなく肩が上がっています。

 

肩が上がると、どうしても身体が硬くなり
指のコントロールも効きにくくなります。

 

また、肩も凝りやすくなりますね。

 

これは多くの方が経験していることでしょう。

 

とにかく、氣がついたら
肩を下げるようにしてみてください。

 

これだけでも、力を抜く“感触”が
なんとなくでも、つかめると思います。

 

さらに言うと、力を抜くためなのですが
肩を下げる方向にであれば
力を入れても構いません。

 

矛盾しているように聞こえるかも知れませんが、
肩を下げる方向に力を入れても
あまり身体が硬くなることはないんですね。

 

むしろ、肩の筋が伸びて心地よく
また動かしやすくなるはずです。

 

多少の個人差はあるかもしれませんが、
実践する価値は十分あるはずですよ。

 

ぜひ『肩を下げる』ことを徹底してみてください。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ