【足台VS支持具】

 

ギターを演奏しやすい位置で構え、
なおかつ安定させることは
上達にも大きく影響してきます。

 

ですから、ギターの演奏姿勢を考える上で
足台、またはギターレストなどの支持具は
絶対に欠かすことができませんね。

 

ただ、それぞれに長所と短所がありますので
自分にあったものを使うことが大切です。

 

今日は、それぞれの特徴を徹底比較してみましょう。

 

<足台>

◎長所
・ギターに取り付けるわけではないので構える角度や位置などの自由性が高い
・イスの高さなどが変わっても調整しやすい
・折りたたみ式のものが多く持ち運びにも便利

●短所
・左足だけを上げるため腰に負担がかかりやすい
・長時間の練習をすると疲れやすい

 

<ギターレスト>

◎長所
・左足を上げずにギターの位置を決められるので腰に負担がかかりにくい
・棒の長さや角度を変えることでギターの角度などを調整できる
・分解すると小さくなるので持ち運びにも便利

●短所
・ギターを構える角度や位置などが固定されるので自由性は低い
・金具式、吸盤式ともに楽器や塗装を傷める可能性がある

 

<ギターサポート>

◎長所
・左足を上げずにギターの位置を決められるので腰に負担がかかりにくい
・折りたたむと小さくなるので持ち運びは最も便利
・ギターに取り付けたままでも目立たない

●短所
・ギターを構える角度や位置などが固定されるので自由性は低い
・演奏中に吸盤が外れる可能性がある

 

<エルゴプレイ>

◎長所
・左足を上げずにギターの位置を決められるので腰に負担がかかりにくい
・吸盤式だが楽器を乗せる形になるので途中で外れる可能性は低い
・高さや角度も調整できるので比較的自由性は高い

●短所
・やや大きめのためギターに取り付けたままだと目立つ
・持ち運びの際にも、ややかさばってしまう

 

<ダイナレット>

◎長所
・左足を上げずにギターの位置を決められるので腰に負担がかかりにくい
・吸盤などを使っていないので楽器の塗装などは傷めにくい
・乗せ方によって角度を調節できるので比較的自由性は高い

●短所
・大小2種類あるが高さが決まっているため調節がしにくい
・持ち運びは最もかさばってしまう

 

 

それぞれに一長一短があり、また個人差もありますから
どれがベストなのか、一概には言えません。

 

ただ、腰が痛い人は足台以外のものを使ったほうが良いのは確かでしょう。

 

私自身も色々と試したことがあるのですが
最終的には足台に戻りました。

 

できれば一通り使ってみて、しっくりくるものを見つけてみてください。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ