%e3%83%92%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%90%e4%ba%8c%e5%a3%b0%e3%81%ae%e6%9b%b2%e3%82%92%e6%9b%b8%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%82%8b%e3%80%91-01

 

【二声の曲を書いてみる】

 

昨日は、無料で使える楽譜ソフトの
MuseScoreを紹介しましたね。

 

基本的な使い方については
≫ダウンロードサイト
詳しい解説動画があるので
それで確認できると思います。

 

ただ、ギターの場合
複数の声部を書く必要があるので
そこがちょっと難しいですよね。

 

ということで、今日は初級の名曲、
『カーノのエチュード』を題材に
二声の曲の書き方を説明しましょう。

 

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a87-1

 

まずは上の声部だけを書いてみましょう。

 

1小節目を入力すると次のようになります。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

 

このままでもリズムとしては問題ないのですが
4つの音をつなげて書きたいので
2拍目のシの音をクリックして選択状態にし

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32-01
左側のパレットの『連桁のプロパティ』から
音符の旗が途中になっているものを選択しましょう。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32b-01

 

これで次のような楽譜になります。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

 

続いて、音符の入力モードに切り替え
上部メニューの右側にある
声部2をクリックしましょう。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33b-01

 

この状態で1拍目に2分音符を入力します。

 

すると下の譜例のように
2分音符と8分音符がズレた状態で表示されます。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

 

8分音符のほうのラをクリックして選択状態にし

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35-01
右側のインスペクタの下方にある『音符』から
「符頭のタイプ」を「2分音符」に変更してください。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35b-01

 

これで次のような状態になります。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

 

これが基本的な二声の書き方となります。

 

後は同じ要領で他の小節も入力できますから
ぜひ全曲を書き上げてみてください。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ