%e3%83%92%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%90%e3%82%bd%e3%83%ab%e3%81%ae%e3%80%8e%e6%9c%88%e5%85%89%e3%80%8f%e3%81%af%e3%80%91-01

 

【ソルの『月光』は】

 

元々はエチュードだったのですが
あまりに美しいために
『月光』というタイトルが付いて
親しまれている曲ですね。

 

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a89-1

 

さて、この曲、頭の中で
「レシファシレシ ファレファレファレ~」
と歌っている人も多いのではないでしょうか。

 

最初の指合わせのときくらいなら
そのように歌っても良いのですが
本来は次のように分けることができます。

 

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a89c-1

 

完全な四声体なんですね。

 

ですから、この曲を歌いながら弾くのなら
メロディにあたる
「レーレ ファーファ~」
の部分を歌うのがひとまずの正解です。

 

あるいは、練習の一過程として
各パートを個別に歌うのも良いですね。

 

「レシファシレシ ファレファレファレ~」と
各パートをゴチャ混ぜに歌うのは非音楽的ですから
なるべく早いうちに卒業しましょう。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ