%e3%83%92%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%90%e3%81%b2%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%82%8b%e3%81%a82%e3%80%91-01

 

【ひっくり返してみると2】

 

「2度」を転回すると「7度」になり、
「3度」を転回すると「6度」になるということを
昨日、お話しましたね。

 

これを、さらに詳しく見ると
もう一つ大きな特徴があります。

 

それは「長音程」を転回すると
「短音程」になるということ。

 

一つずつ確認してみましょう。

 

まず、「長2度」を転回すると
「短7度」になります。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a81-4

 

ということは「短2度」を転回すると
「長7度」になるわけですね。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a81-4

 

 

同様に、「長3度」を転回すると
「短6度」になり、

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a81-4

 

「短3度」を転回すれば「長6度」になるわけです。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a81-4

 

 

こういう音程の特徴を知ることが
音楽理論に興味を持つキッカケになることも
ありますので、一つの参考にしてみてくださいね。

 

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ