%e3%83%92%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%90%e3%81%b2%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%80%91-01

 

【ひっくり返してみると】

 

昨日は、「長」と「短」で表されるのは
「2度」「3度」「6度」「7度」の4つだけ
というお話をしましたね。

 

そして、これらの音程には、
さらに面白い共通点があります。

 

より正確に言うと、「2度」と「7度」、
そして「3度」と「6度」に
それぞれ深い関連があるんです。

 

まず「2度」の音程を見てみましょう。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a81-4

 

「ド」と「レ」が書かれていますが、
これを反転させてみます。

 

つまり「ド」をオクターブ上げて
2つの音の位置関係を逆にするのです。

(ちなみにこれを「転回」と言います)

 

すると、「7度」になりますね。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a81-4

 

 

では、続いて「3度」を見てみましょう。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a81-4

 

 

「ド」と「ミ」が書かれていますが、
これも「ド」をオクターブ上げて転回してみます。

 

すると「6度」になりますね。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a81-4

 

 

このように、
「2度」を転回すると「7度」になり、
「3度」を転回すると「6度」になります。

 

言ってみれば「2度」と「7度」、
そして「3度」と「6度」は
それぞれ親戚のようなものなんですね。

 

そして、実はそれだけではないんです。

 

これらの音程には、もう1つ
面白い特徴があるんですよ。

 

 

つづく

 

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ