ヒント【指先に力を集める】-01

 

【指先に力を集める】

 

以前に、≫左手はぶら下がるように
という記事を書きました。

 

弦を押さえている部分にだけ力を集めて
他の部分は脱力するという意味で
“ぶら下がる”という表現にしたのですが、
この感覚は大切です。

 

ただ、感じ方には個人差があるでしょうから
“ぶら下がる”という言葉では
ピンと来ない人もいるかもしれません。

 

ポイントは、必要な部分だけ力を集めて
それ以外は脱力することです。

 

これは、よく意識しておきましょう。

 

そして、必要な部分というのは、
もちろん“指先”ですね。

 

指先に、弦が浮かない分だけの力を
集めるようにしてください。

 

便宜上“力”という言葉を使っていますが
弦が浮かないように押さえるだけなら
実際には、ほとんど力は必要ありません。

 

ごくわずかな力で十分なんです。

 

ただし、指先に力が集まっていない場合は別です。

 

弦を押さえていない親指や手の甲、
手首、肩などに力みがあると
力が分散してしまい、その分、
余計に力を入れないといけません。

 

ですから、指先に力を集めましょう。

 

すると、ぶら下がるような感覚で
ふわっと押さえていても
キレイに音が鳴らせるようになります。

 

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ