ヒント【左指を立てる意味】-01

 

【左指を立てる意味】

 

左指を立てて押さえるというのは
基本中の基本ですね。

 

しかし、

「なぜ指を立てるのですか?」

と質問されたら、なんて答えますか?

 

コードなどで、隣の弦に触れて
音を消さないように、というのも
大きな理由の一つですね。

 

でも、それだけなら、単音の場合は
指を立てなくても良いことになります。

 

実は、もう一つ大切な理由があるんですね。

 

それは、【力を集中させるため】。

 

指が寝てしまうと、広い面積で
弦を押さえることになりますから
どうしても力が分散してしまいます。

 

つまり、余分に力が必要となるんですね。

 

でも、指を立てて押さえていれば
力を集中させることができます。

 

そのため、最小限の力で
キレイに音を鳴らせるわけです。

 

左手が力みやすいという人は
指を立てることを意識すると
解決できる可能性が高いですよ。

 

より少ない力で、確実な押さえ方になるよう
左指を立てることを改めて意識してみてください。

 

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ